« The Book of Chameleons, by Jose Eduardo Agualusa | Main | Voynich Manuscript on flickr »

Thursday, April 19, 2007

Miss Alice Merriwether's Long Lost Cakes & Further Arcane Inducements to Wonder, by Barry Aitchison

Miss Alice Merriwether's Long Lost Cakes & Further Arcane Inducements to Wonder例によってアマゾンのあらすじ紹介だけではよくわからなそうな本なんですが、信頼できる筋によるとむちゃくちゃヘンテコで面白いそうです。

日曜の晩に消えてしまったのに火曜の朝になるまで誰も気づかないようなちっぽけなアメリカの田舎町パーシヴァルを舞台に、ファンタジイともホラーともコメディともつかないような出来事が展開するとのこと。気がつくとふとそこにいた得体の知れない男クエンティン・コリアンダーの元に、婚期は逃したものの料理の腕では誰にも引けを取らないミス・アリス・メリウェザーが、下心まるだしの特大ケーキを持って乗り込んだことから、町中の人が予想もしなかったような事件に巻き込まれてしまうみたいですね。

クリストファー・ムーアみたいな作品ということですが、考えてみたらムーアの作品は大体持っていながらほとんど最初で止まってました^^; You Suck も買ったままだし。いやでもこれはきっと読みます……たぶん。

アメリカを舞台にしていながら、作者のバリー・エイチスンはオーストラリア人みたいですね。あ、奥さんは日本人だ。作者のサイトがなかなか楽しそうなんですが、短編が読めるようなのであとで読んでみよう。

|

« The Book of Chameleons, by Jose Eduardo Agualusa | Main | Voynich Manuscript on flickr »

Comments

短編は短いブラックユーモアものでした。う~ん、これだけではわかりませんね。

Posted by: a nanny mouse | Friday, April 20, 2007 00:01

酔っぱらっていたせいか、The Tooth Fairy と一緒に注文してしまいました。おぼえきれないタイトルの本を注文したのははじめて。届くころには、ひまになっているといいのですが。

Posted by: Gardener | Saturday, April 28, 2007 15:43

わはは、たしかに少し正気を失っていないと注文する本じゃないかも。いや、The Tooth Fairy のほうはシラフで読んでも傑作ですけど。

わたしは注文したのを覚えていない本がしばしばあります。

Posted by: a nanny mouse | Sunday, April 29, 2007 19:49

届きました~。ぱっと見たところ、想像していたよりも読みやすそうな感じです。
世間ではゴールデン・ウィークと呼ばれるこの時期、一日たりとも休みがないので、いつ読めるのかは不明。SFセミナーも、会社から5分のところでやってたのに。
このところ日本語の本が多く、ケッチャムの『襲撃者の夜』のあと、プリーストの『双生児』にとりかかったところです。

Posted by: Gardener | Tuesday, May 01, 2007 22:58

ひぇ~、1日も休みがないって、なんか悪いことでもしたんでしょうか(すみません^^;)。そうか、神田近辺に棲息されてるんですね。夜だけでも参加すると面白いんですよ<SFセミナー。いやまあ、無駄に駄弁ってるだけですけど。

届いたのは Miss Alice じゃなくて The Tooth Fairy のほうでしょうか? グレアム・ジョイスの場合読みやすい文章ですので、YAものとそれほど変わらない感覚で読めるんじゃないでしょうか。ソーセージ、わたしも昨夜食べました……なんていうと、また quark さんにバカにされるのでいいません。

Posted by: a nanny mouse | Wednesday, May 02, 2007 18:15

悪いことには心あたりがありすぎるので、あまり考えないようにしています。
本は二冊とも届きましたが、意外に読みやすそうと書いたのは Miss Alice のほう。数ページ見ただけなので、気のせいかも知れませんが。いずれにせよ、とりかかるのは The Tooth Fairy のほうが先になりそうな気配。わたしは、どうやらジョイス好きになりつつあるようです。
ところで、6月に早川書房からグリムウッドの『サンサーラ・ジャンクション』が出るようですが、これって redRobe のことでしょうか?

Posted by: Gardener | Thursday, May 03, 2007 16:18

あら、わたしのほうはアマゾンから音沙汰がありません < Miss Alice。

そうそう、redRobe が『サンサーラ・ジャンクション』になったみたいです。グリムウッド自身もいいタイトルだと気に入ってたようですので、悪くないんじゃないでしょうか。

あとは危ないカバーにならないことを祈るばかりですね。いや、いっそのこと唇を縫いつけたマイの顔をどアップで……って、Gardener さんに感化されました^^;

Posted by: a nanny mouse | Friday, May 04, 2007 00:30

読みました^^)

アイデアもプロットも結末のタネあかしもぴたっと決まっていて、名もないアメリカの田舎町を舞台にした、お馬鹿で人のいい人々を遊ばせたユーモアものとしては期待通りの出来でした。自費出版侮るなかれ、ですね。このレベルでしたら大手出版社が取り上げてしかるべきでしょう。

別に紹介を書こうかとも思いましたが、何を書いてもネタバレになってしまいそうですので、楽しかったという以上に付け加えることはありません。いやでも、町が運ばれていった先がどこかとか、コリアンダーの正体が何かとか、お馬鹿で愛すべき町の人々はあんまり頓着している様子はないですね^^)

Posted by: a nanny mouse | Tuesday, May 15, 2007 21:11

う、わたしは手をつけてもいません。この週末は、ものすごくひさしぶりに土日が休めそうなので、まずはジョイスから手をつけようかと。

Posted by: Gardener | Wednesday, May 16, 2007 11:34

Gardener さんのためにネタバレは伏せておきました。感謝してください(笑)

もちろんジョイスのほうがオススメですので。

Posted by: a nanny mouse | Wednesday, May 16, 2007 20:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Miss Alice Merriwether's Long Lost Cakes & Further Arcane Inducements to Wonder, by Barry Aitchison:

« The Book of Chameleons, by Jose Eduardo Agualusa | Main | Voynich Manuscript on flickr »