« The Book of Air and Shadows, by Michael Gruber | Main | Angelica, by Arthur Phillips »

Sunday, April 08, 2007

Here Lies Arthur, by Philip Reeve

Here Lies Arthur『移動都市』4部作の完結のあと、宇宙SFの Larklight を出したフィリップ・リーヴですが、こんどはキング・アーサーものの新作だそうです。それも主人公に少女グウィナ(Gwyna)を配してということで、アーサー王裏話(Making of King Arthur)的な展開になるんでしょうか。

吟遊詩人マーディン(Myrddin)に仕えることになったグウィナは、湖の貴婦人や少年戦士、スパイへと姿を変えられ、アーサーの活躍を見守ることになります。なにやら野武士のアーサーが王になるには、彼女の助けが不可欠ということで……。どうも詳しいあらすじが見つからないのでよくわかりませんが、名前から察するにヒロインはグイネヴィアになるんでしょうね^^)

第1章作者のサイトでダウンロードできるようです。いやでも、少年戦士になったヒロインをデザインしたんでしょうか、インパクトのある表紙ですね。

|

« The Book of Air and Shadows, by Michael Gruber | Main | Angelica, by Arthur Phillips »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123245/14610199

Listed below are links to weblogs that reference Here Lies Arthur, by Philip Reeve:

« The Book of Air and Shadows, by Michael Gruber | Main | Angelica, by Arthur Phillips »