« "Oscar Wilde and the Candlelight Murders" by Gyles Brandreth | Main | 2006 BSFA Awards Winners »

Wednesday, April 11, 2007

Doctor Whom, by A.R.R.R. Roberts

Doctor Whomじつは去年出た本なんですが、たまたま今日届いたんで紹介しておきましょう。いえ、ドクター・フーじゃなくてドクター・フームです。町の看板や大衆小説、公文書に溢れている誤った綴りや文法に業を煮やしたドクター・フームが、アシスタントのリン嬢とともに助けに現れたんだそうです。なんでも不正確でいい加減なコミュニケーションの断絶を放置しておくと、時空連続体がズタズタになってしまいチョー危険なんだとか。

Eats, Shoots & Leavesいやでもなんかどこかで聞いたような話ですね。カバーにもなんとなく見覚えがあるし……って、『パンクなパンダのパンクチュエーション』のタイトルで邦訳のある、リン・トラスの Eats, Shoots & Leaves のパロディでした。え、そんなこと一目見ればわかるって? そうですよね~、カバーにもご丁寧にちゃんと書いてありますし -- Doctor Whom: E.T. shoots and leaves - The Zero Tolerance Approach to Parodication だって。

作者の A.R.R.R. Roberts ですが、以前にもパロディ作品を紹介してますが、なにもそればっかじゃないんですよ。アダム・ロバーツのペンネーム、じゃない、本名で、バリバリのSFも副業……じゃない、本業で出してる、奇想の天才といわれる気鋭のSF作家ですし、片手間に、じゃなくて、真面目に19世紀英米文学の教授もしてるんですよね。そろそろ邦訳が出てもいい頃なんですけどね~。あ、いえ、パロディじゃなくて、SFのほうで。今年は Gradisil もクラーク賞の候補に挙がってますし。

|

« "Oscar Wilde and the Candlelight Murders" by Gyles Brandreth | Main | 2006 BSFA Awards Winners »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Doctor Whom, by A.R.R.R. Roberts:

« "Oscar Wilde and the Candlelight Murders" by Gyles Brandreth | Main | 2006 BSFA Awards Winners »