« Hagakure in End of the World Blues | Main | "Jabberwocky" by Lewis Carroll, Joel Stewart (Illustrator) »

Monday, October 02, 2006

Ghosthunters, by Cornelia Funke

Ghosthunters And The Incredibly Revolting Ghostコルネーリア・フンケがこんなシリーズを始めたなんて知りませんでした。

妹にまでバカにされるような臆病な少年トムが、祖母の知り合いのゴーストハンター、ヘッティ・ヒソップから幽霊退治の方法を伝授されて、地下室に巣くう並みのオバケを片付けに向かうんですが……なにやら大物に出くわしてしまったみたいですね。

Ghosthunters And The Gruesome Invincible Lightning GhostGhosthunters And The Totally Moldy Baroness!トムとヘッティと並みのオバケのヒューゴーのゴーストハンター・トリオのシリーズは、今月2巻目が出て、来年の1月には3巻目が予定されているようです。ふむ、なかなかかわいい感じがよろしいんじゃないでしょうか。

|

« Hagakure in End of the World Blues | Main | "Jabberwocky" by Lewis Carroll, Joel Stewart (Illustrator) »

Comments

 このシリーズがすでに邦訳出版されていることを発見!
 童心社から『ゴースト・ハンター』シリーズとして1、2巻が出ています。
 ドイツ語の原作(1993年~2001年刊)からの邦訳のようです。
 Amazon.co.jpで「Cornelia Funke」で検索しても出てこなかったんですけどね。
「コルネーリア・フンケ」ならOK。
 童心社の紹介ページはhttp://www.doshinsha.co.jp/search/index.htmlです。
 なんでこんなこと、知ってるかって? ハハハ、言わぬが花(ほんとは苦笑)、です。

Posted by: mimita | Friday, October 20, 2006 15:51

 わわわ、なぜか、同じコメントが二回ポスティングされてしまいました。
スパム防止用(?)の暗号(?)を入力したことと関係あるのでしょうか。

Posted by: mimita | Friday, October 20, 2006 15:54

おお、もう出てましたか。そういえば昔フンケはドイツ語版でまとめて何冊か買った中に薄い本も混じってましたので、ひょっとして持ってるかもしれません。いえ、1冊も読んでないですけど^^; までも、こういう作品はあんまり子供専用の作りにしないほうがよさそうですね。

パスワードは怪しい人のときに出てくるんですよ^^)<ウソ。とくにそれで二重ポストになることはないと思いますけど、まあお気になさらずに。

Posted by: a nanny mouse | Friday, October 20, 2006 22:37

 たしかに、この本は子ども専用と考えないほうがいいかもしれませんね。
 その意味で、童心社、というのは、ちょっと納得、いえ、すごく納得、
でした。
 この会社が出している、あるすごく漫画チックな作品には、熱狂的な
大人のファンがいるらしいのです。和書で、一見子ども向きの作りなん
ですけどね。
 まあ、作る側からすると、どこにねらいを定めたらいいのか、難しい
ところです。この本の邦訳はどうなってるんでしょうね。
 それにしても、私の頭からは、童心社は抜け落ちていましたねえ。
まだまだ修行が足りない。
 ここまで明かしてしまうと、なんで知っていたか、いっちゃったような
ものですね。自慢じゃないけど、いままでにも、そうしたことをするために、
ここで紹介された本に、いやというほど食いついてます(笑)。
 今後とも、私みたいな訪問者のための餌まき、よろしくお願いします。
 
 

Posted by: mimita | Saturday, October 21, 2006 14:50

あ、英語版の表紙なら大人にも受けそうですけど、日本語版は子供向け……とか思ってたんですが、そうか、意外とああいうのは一概に子供向けというわけでもないんですね。

まあ児童書の場合、図書館向けに一定量の需要があるため、お金をかけて装丁に凝る必要はないのかもしれませんけど、一般書店で売るつもりなら、買い手は大人ですから、大人の目を意識したデザインが要ると思うんですよね。

それに最近は児童書を読む大人が増えているように思いますし。「世にも不幸な物語」なんて、大人向けに売ったら絶対もっと話題になったと思うんですけどね。

Posted by: a nanny mouse | Saturday, October 21, 2006 23:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Ghosthunters, by Cornelia Funke:

« Hagakure in End of the World Blues | Main | "Jabberwocky" by Lewis Carroll, Joel Stewart (Illustrator) »