« "Jabberwocky" by Lewis Carroll, Joel Stewart (Illustrator) | Main | An Incomplete History of the Art of Funerary Violin, by Rohan Kriwaczek »

Wednesday, October 04, 2006

Flotsam, by David Wiesner

Flotsamなんかこの真っ赤なサカナの表紙が呼んでるんですけど~。

少年が海辺で拾った貝殻のこびりついた旧式のカメラ。中に残っていたフィルムを現像してみると、安楽椅子に座った(?)タコがお話の会を開いてたり、緑のエイリアンの旅行者がタツノオトシゴを眺めてたり、ゼンマイ仕掛けのサカナが泳いでたり、カメの背中に街が出来てたり……。中身もなんかものすご~く面白そうですよ。Night of the Gargoyles

出版社のサイトがありましたが、この三匹のコブタの表紙は見覚えがありますね。までもこれじゃああんまり今月向きではありませんので、こちらの Night of the Gargoyles か、なにやら怪しそうな Tuesday なんてどうでしょう。ううむ、この立派なカエルでは、買うなといっても買ってしまいますね。

|

« "Jabberwocky" by Lewis Carroll, Joel Stewart (Illustrator) | Main | An Incomplete History of the Art of Funerary Violin, by Rohan Kriwaczek »

Comments

ひぇ~、私も呼ばれてしまった~~~。

Flotsam と Tuesday は絶対買いですね!
The Day the World Broke っていうゲームも気になります。

日本語版もけっこう出てるんですね……って、ほとんど絵だけで文はないようですが。

Posted by: Lilith | Thursday, October 05, 2006 22:12

サカナはまだなんですけど、カエルのほうは届きました。うわ~、このカエルはやっぱりすごい! カエル好きにはむちゃくちゃお薦めですね。

Posted by: a nanny mouse | Wednesday, October 18, 2006 21:42

うちには赤いサカナ、届きました~。文字は全然ないのですが、なかなか楽しい夢のある絵本でした。

ただ、この人の描く人間はイマイチかな~。表情豊かに、いろいろトライしてるのですが、どれもちょっとぎこちない感じ。たとえれば、写真を上からなぞったような? 人間以外はとってもいいんですけどね。

Posted by: Lilith | Wednesday, October 18, 2006 22:41

Tuesday では、コミックふうのあっさりした人物描写が、逆にコントラストになってて悪くはなかったですよ(カエルより無表情な人間っていうのも面白いですが)。

Posted by: a nanny mouse | Thursday, October 19, 2006 22:35

赤いサカナ、届きました。

う~ん、たしかに、作者の意図とは裏腹に人間が出てくるところがいまひとつですね。までも、それ以外は二重丸なんでなかなか気に入りました^^)

Posted by: a nanny mouse | Friday, October 20, 2006 22:21

おっと、こちらはコールデコット賞とっちゃいましたね。

Posted by: Lilith | Tuesday, January 23, 2007 21:59

そう、ビックリ。真っ赤なバックに目玉がギョロっていうインパクトで、ほかの作品がかすんでしまったとか^^)

Posted by: a nanny mouse | Wednesday, January 24, 2007 23:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Flotsam, by David Wiesner:

« "Jabberwocky" by Lewis Carroll, Joel Stewart (Illustrator) | Main | An Incomplete History of the Art of Funerary Violin, by Rohan Kriwaczek »