« "Best New Horror", by Joe Hill | Main | The Dangerous Book for Boys, by Conn & Hal Iggulden »

Wednesday, August 09, 2006

"Mouse Noses on Toast" by Daren King

Mouse Noses on Toastぷっ、この表紙でもう買いじゃないでしょうか。

「私はトーストに、ネズミの鼻をのせてもらおうか」(←ゲロゲロ)
レストランのテーブルに隠れていたネズミのポールは、客がそんな注文をするのを聞いてびっくり仰天。これってマジ? それともジョーク? というわけで、モンスターだの、クリスマスツリーのデコレーションだの、ヘンテコな友達を招集して「ネズミの鼻」の謎を解こうという、なんだか恐ろしく楽しそうな児童書です。

えーと、彼の作品は動物の絵の表紙が多いのですが、他は大人向けということなのでお間違えなきよう。この "Mouse Noses on Toast" が初めての児童書だそうです。

デビュー作 "Boxy an Star" は1999年に Guardian First Book Award にショートリストされています。

|

« "Best New Horror", by Joe Hill | Main | The Dangerous Book for Boys, by Conn & Hal Iggulden »

Comments

げ~、これこそホラーじゃないですか^^; 表紙も動物虐待ですし。あ、デイヴィッド・ロバーツの絵だ。

ダレン・キングは Jim Giraffe を持ってますけど、なにやらぽや~っとしたシュールな話で、途中まで読んで宙に浮いてますね。いやでもこのネズミの話は他人ごととは思えないので、ちゃんと結末を確認しましょうかね。

Posted by: a nanny mouse | Wednesday, August 09, 2006 23:01

あ、ネズミを餌にしたらネズミがかかった……。

この表紙、かわいいですよね~。虐待というよりお仕置き? でも、デイヴィッド・ロバーツの絵とは思いませんでした。ホントですか?

Posted by: Lilith | Friday, August 11, 2006 22:19

フン。

ここのロバーツのインタヴュウの下の方にちょこっと出てました。この人の絵は好きなので、ますます買いですね。

Posted by: a nanny mouse | Friday, August 11, 2006 23:00

あ、ネズミがフンした。

おお、ポーのイラスト、実現するといいですね~。あと、イラスト集とか出れば買っちゃうのに。>デイヴィッド・ロバーツ

Posted by: Lilith | Saturday, August 12, 2006 23:13

ネスレの「6~8歳部門」で金賞取っちゃいましたね。まだ買ってなかった~。

Posted by: Lilith | Saturday, December 16, 2006 22:12

読みました。ず~~~っと気まぐれな展開で、最後だけ理に落としたという感じですね。なんにも考えずに書いたんじゃないでしょうか。まあキャラがかわいいし、挿絵もピッタリなので文句ないですけど。けっしてネズミ虐待じゃないオチでしたよ^^)

Posted by: a nanny mouse | Saturday, December 16, 2006 22:38

なんかビミョーな感想ですねぇ。中にも挿絵がいっぱいついてるんでしょうか。

Posted by: Lilith | Sunday, December 17, 2006 21:11

う~ん、微妙です。挿絵はたくさん入ってましたね。造本もかわいいし、クリスマス向けではあります。

Posted by: a nanny mouse | Sunday, December 17, 2006 21:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference "Mouse Noses on Toast" by Daren King:

« "Best New Horror", by Joe Hill | Main | The Dangerous Book for Boys, by Conn & Hal Iggulden »