« The Girl in the Glass Wins an Edgar!!! | Main | "A Man of Light" by Jeffrey Ford »

Saturday, April 29, 2006

Waterstone's List of 30 Books That Deserve To Be Rediscovered

イギリスの書店ウォーターストーンが、見落とされている傑作30作を全店舗でプロモートするというキャンペーンを行っています。店員の意見をベースに選んだものということですが、たしかにいつものベストセラー・リストとは違って、面白そうなタイトルが並んでますね。

Ridley Walkerヴォネガットの『スローターハウス5』などの有名な作品もリストされてますが、全体的な印象は alternative literature とでもいえそうな感じ。スーザン・クーパーの「闇の戦い」のシリーズは、ファンタジイ・ブームなのにプッシュしそこねたんでしょうか。

ラッセル・ホーバンの Ridley Walker やニコラス・クリストファーの A Trip To The Stars が入っているのはちょっとうれしい^^) ロバートスン・デイヴィーズやブローティガン、サラマーゴあたりも読まないとな~~と、こういうリストを見ると罪悪感に駆られますね。ファンタジイからはチャイナ・ミエヴィル、ジュリエット・マリリア、ジョナサン・キャロル、マリオン・ジマー・ブラッドリなんかが採られてます。A Trip to the Stars

このキャンペーンにあわせ、25人の作家や有名人が選ぶ推薦作も公開されてますが、カルロス・ルイス・サフォンがヒョーツバーグの『堕ちる天使』、デイヴィッド・ミッチェルがノーテボームの『これから話す物語』なんかを薦めてますね。

ガーディアンのブログ culture vulture では(ううむ、むちゃくちゃいい名前)、コメントに読者の推薦作が延々と並んでいますので、ここから宝を掘り出すのも楽しいかも。

|

« The Girl in the Glass Wins an Edgar!!! | Main | "A Man of Light" by Jeffrey Ford »

Comments

これは難しいリストですねぇ。
挙げられてる作品が、その作家の最良のものってわけじゃなくて、有名な作品の影に隠れて忘れられてる作品とか、一時の人気が衰えてたから発表されたので誰も読んでないけど実はよくできた作品とか、はじめっから誰も知らない作品とか、入り混じってる感じでしょうか。
各タイトルの背後には少なくとも5冊とか10冊とかの世に認められた作品リストってのが潜んでいる感じて、なぜこの作品が選ばれたのかっていう説明がないと、ちょっと手がつけにくいです。

25人の作家・有名人による推薦リストのほうは、何とか取り組めそうです。ざっと見た限りで一番読みたくなったのは、アラン・デ・ボトン推薦の『インフラストラクチャー』でした∩( ・ ω・)∩。

Posted by: quark | Saturday, April 29, 2006 23:07

ある視点に従ったベストを選んだわけじゃないので、片端からチェックしていくリストじゃないですけど、そういえばああいういい作品があったという reminder の意味で、なかなかいいリストだと思いますけど。

Posted by: a nanny mouse | Monday, May 01, 2006 22:09

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Waterstone's List of 30 Books That Deserve To Be Rediscovered:

« The Girl in the Glass Wins an Edgar!!! | Main | "A Man of Light" by Jeffrey Ford »