« "In the Reign of Harad IV" by Steven Millhauser | Main | "Volunteers" by Alexander C. Irvine »

Monday, April 10, 2006

End of the World Blues, by Jon Courtenay Grimwood

End of the World Blues8月発売なのでまだずいぶん先の話ですが、ジョン・コートネイ・グリムウッドの新作がアマゾンにリストされたんでチェックしてみました。End of the World Blues なんて、微妙にダブル・ミーニングで洒落たタイトルですね。

Amazon.co.uk には簡単な紹介文が載ってますが、おお~、Baroness Nawa-no-ukiyo だって^^) quark さんの命名がちゃんと使われているようですね。葉隠れをモチーフに、海に浮かぶ綱の世界(floating rope world)が重要な舞台になるそうです。

しかし、femme fatale の名前が Nijie なのはいいとしても、その正体が Lady Neku というのはちょっと危ないんじゃないでしょうか。う~ん、もう手遅れかな^^;

[追記] こちらに感想上げました。(2007/4/22)

|

« "In the Reign of Harad IV" by Steven Millhauser | Main | "Volunteers" by Alexander C. Irvine »

Comments

うわ、なんかすごく不安になってきました。
YakusaといいNekuといい、日本語のスペルはかなりデンジャラス。
このシナプシスもなんか変な英語で、よくわかんないんですけど、Nawa-no-ukiyoと東京はどういう関係にあるんでしょうね?未来世界に同時に存在してるのか、Nawa-no-ukiyoのLady Nekoが過去の東京に飛ばされたのか、ヴァーチャルな都市なのか……。
うう~ん、うう~ん。

Posted by: quark | Monday, April 10, 2006 21:56

あ、それは単に Nawa-no-ukiyo 出身のヒロインが東京にいるということでしょう。までも、ヴァーチャルな世界みたいな書き方ですけど。

いちおう Neku については、スターリングに "Maneki Neko" っていう短編があるでしょうとアドバイス入れときました。

Posted by: a nanny mouse | Monday, April 10, 2006 22:05

Neku でいいんだそうです。Neko + Niku = Neku なんだとか。いやまあ、納得できたわけではないですけど、名前ですから、まあいいんでしょう。Nijie っていうのはなかなかいい選択ですね。Nijinskii を思わせるところもありますし。

プルーフ送ってくれるそうですので、どうなってるのか楽しみなような怖いような……。quark さんにも回しますので。

Posted by: a nanny mouse | Tuesday, April 11, 2006 00:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference End of the World Blues, by Jon Courtenay Grimwood:

« "In the Reign of Harad IV" by Steven Millhauser | Main | "Volunteers" by Alexander C. Irvine »